立地×コンセプトがとっても大事な話

立地×コンセプトで8割決まる話

 

新しいお店を出す時に、

その立地と、お店のコンセプトが合ってるかどうか?はとても大切なことだと思います。

 

例えばご近所に新しいお店が出来たとして、

「違和感」を感じるか「馴染んでる」か

「違和感」は、

例えばそこを日中〜夜歩く人とそのお店のコンセプトやメニューが合ってないこと。

極端な例でいうと、

ビジネス街の中に急にタピオカ屋ができるとか

住宅街に突然立ち食いラーメン屋ができるとか

 

極端だけれど、

その場所に合ったお店かどうか?はとても重要だと思っています。

 

ビジネス街に急にタピオカ屋の例は、リアルに起きてることを書いてみました。:

日中殆ど働く人が行き交う街で、

スーツ姿のサラリーマンがタピオカチューチューする??

お休みの日はタピオカ大好きOLだけど、

さすがに職場(もしくは出先で)タピオカチューチューするーーー??

とか。

 

・・・・・・・

 

住宅街であれば、日中時間を持て余していそうな

おばあちゃんに来てもらえるように、

コーヒーだけでなく、お茶飲み利用ができるようにしたり

などなど。

 

駅前のどんな人種でもいるぞ!!!という立地でなければ

ある程度その立地と町のニーズに合わせた

お店の作り方をしても良いと思います♪

 

 

ということで、

お店を開業する時、

時間とお金がない!ことが殆どだとは思うけれど、

最初の立地×コンセプトは

とーーーーーっても重要だと思います。

 

 

やりたいこと(商品)も沢山あるけれど

最初はその立地、

そこを行き交う人のニーズを立ち止まって観察することも大事かもしれません。

 

…と、今日はふんわりした感じでお届けしました。笑

 

今日も良い天気!

 

できることから少しずつ、

頑張りましょー!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です