飲食店の物件を契約する前に確認して欲しいこと

↑画像が内容と関係ありません、;

今日は飲食店の真面目なお話。

個人で開業する方は

物件を契約すると思うのですが

その時に賃料や立地だけで即決しないでください!という内容。

 

先に結論から言うと

電気、給排水、換気量のスペックは足りてますか!?

ということ。

 

そもそも、ガスが区画まで来ていなかった!とか

電気容量が事務所仕様になっていて

厨房機器の電気容量が足りない!とか

思いっきり焼き場があるのに換気容量が足りなくて

客席がすごいにおう!とか

 

実際、個人の方が開業する時によくある最初のトラブルです。

 

内装工事をするデザイン会社や工事会社をある程度目星をつけたら

契約前に連れていくとベストです!

 

決まっていなくて、連れてこれない場合は

電気、給排水、換気量のスペックがわかるもの(書面)を

不動産会社さんから出してもらいましょう!

 

その内容をデザイン会社さんもしくは工事会社さんに見せて

問題ないか確認をとると安心です。

 

 

次にもう一つ。

店頭(店外)に出して良いA看板メニューや

店名をどこに掲示して良いかもあわせて確認しておくと安心です。

 

というのも、

ビルの美観を損ねるので店頭にポスターを貼ったり

メニューの掲示をするのは禁止!というビルもあったりします。

 

飲食店で店外にメニュー内容を出せないのは

売り上げに関わってくるので、大切なチェックポイントです!

 

ということでまとめると

 

・電気、給排水、換気量のスペックは足りているかチェック!

・店頭の店名サインやメニューはどこに出して良いのかを確認!

 

他にももっとありそうですが、

私が大事だなと思う項目はこの二つです♪

 

それではまた明日ー!

 

花粉症が酷すぎてつらい…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です