Instagramを使って食べ物写真を美味しそうに加工するやり方

Instagramを使って食べ物写真を美味しそうに加工する仕方

今日は食べ物写真を加工して、

美味しそうな写真にしよう♪の回です。

 

人によっては、

加工されすぎた写真を嫌う人もいるかと思うのですが

(彩度の低い写真が好きな人とか)

私は食べ物写真であれば

がっつり鮮やかな方が好きなたちです!

 

例えばこんな写真も

上の方に物が写ってるし..

 

 

こんな風に画像全体を加工するのが

私は好きです。笑

 

ブログにアップする写真は

殆ど何かしら明るさや彩度を上げています。

その場合はPhotoshopという画像加工ソフトのバッジ処理で

一気に加工するのですが

今回は画像投稿のSNSで誰もが知る!?Instagram(インスタグラム)を

使って加工するやり方をご紹介します。

 

アカウントを持っていなくて

使っていないとしても

画像加工アプリとして持っておくのも良いかと思います。

 

特に飲食店を経営されている方やスタッフの人など

フェイスブックやツイッター、ブログなどに商品を投稿するのにも

画像はそのまま載せるよりも

最低限明るさと彩度を上げるだけで違うと思います!

 

と、、ここで

Instagramに毎回画像を投稿するの??と思われるかもしれませんが

投稿せずに画像を加工するやり方があります。

 

ここではiPhoneを使った方法でご説明します。

Instagramを使って食べ物写真加工しよう

1.まずiPhoneを機内モードにします。

飛行機マークをタップして

Wi-Fi、データ通信モードを切ります。

 

次にInstagramを起動して

思いっきりおじいちゃんと私が写ってますが笑

2.今回加工したい画像を選択。

すると下の方にあらかじめ加工してくれたフィルターがずらっと並びます。

3.フィルターを選ぶ

例えばお隣のClarendonだと若干明るくなって彩度が上がって全体的に色が濃く

 

Larkだと全体的に明るく

 

Junoだと、これも彩度と明るさが上がります。

 

他にも色々

 

 

好きなフィルターを選ぶか、

ノーマルを選択。

ここで好きなフィルターでオッケー!という方は

次の段階をすっ飛ばしてください。

4.加工する

今度は右下の「編集」をタップして

加工したいものを選びます。

私の場合は「明るさ」を上げて

スライダーを右にすると明るく、左にすると暗くなります。

完了を押して

 

次は「彩度」

これも自分の好きな感じに設定。

次に「ビネット」

ビネットとは画像の中心よりも周囲のほうが暗くなる効果です。

これをやるとなんか雰囲気良くなるから個人的に好きです。笑

 

スライダーを右にググッとすると

 

周りが暗くなりました。

 

こんなもんかな!と思ったら、

5.画像を保存する。

「完了」を押して右上の「次へ」をタップ。

そのまま、機内モードであることを確認して

(画面の左上が飛行機マークだけになってればOK)

「シェア」をタップ

 

そうするとこんな画面になります。

機内モードなので、投稿できませんよ!とのエラーが。

ここで「×」をタップして削除。

これで終わりです!

 

写真アプリに、たった今加工した画像が保存されているはずなので確認してみてください♪

 

 

簡単なのでオススメです!

でもせっかくなので、

お店で使うメニューであれば、

そのまま投稿するのもありだと思うんですが!♪

 

こんな感じで先日のパフェの画像も

まぁ普通の写真も

こんな感じに↓

川崎にあるフタバフルーツパーラーで美味しいパフェを食べてきました!〜子連れに優しいお店〜

 

加工されすぎてる写真が好きなので、

ちょいとやりすぎですが笑

 

それではお天気の良い今日もがんばりましょー!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です