冬メニューの撮影スタイリングアイデアをご紹介!〜商品撮影にマンネリを感じたら小物を工夫してみるのはいかがですか?〜

祝日のクリスマスイヴですね!

私は素敵なお店で外食♪とはいかず、

娘(10ヶ月)がいるので大学のお友達家族を呼んだり

おじいちゃんおばあちゃんを呼んでクリスマスパーティでした♪

 

さて、今日は冬メニューの撮影アイデアです♪

アイデアというか、スタイリング例ですが;

 

ただ天板の上にポンっと商品をのせて撮るのも良いんですが、

ポスターやチラシ等の販促に使いたいから

少し賑やかにしたいなぁという時は

冬らしい素材の小物や、素材そのものを一緒に撮る

 

なんだか賑やかなあったかい写真になりますよ〜♪

 

例えばこんなスタイリング♪

ニットを手前に置いたり

背景の布を敷いたり。

カレーの中の素材をザルに入れて一緒に撮ったり。

中に何が入っているかの説明にもなります。

 

全体はこんな感じで撮って

実際はトリミングが必要かと思います。

ポイントは

実際に写る範囲よりも広く小物を置いてみることです。

 

 

他に、

こちらもレースの付いたあったかそうな布をひいて

白インゲンのスープとオニオンスープなので

素材も一緒に撮ってみます。牛乳もね。

それだけだと全体が白と茶色でアクセントがない感じなので

ユーカリをプラス。

 

こちらもトリミングをするとこんな感じ

 

 

お次はこちら

年齢層高めの奥様に

ティータイムを楽しんでもらいたい♪

というテーマだったので

花柄の布+先ほどのレースの布+ニット

商品を目立たせるために木のトレーに商品をのせました。

それにすこーしだけクリスマス感を出したかったので

柊(ひいらぎ)をバックに置いてきました。

 

 

こちらもトリミングすると

こんな感じ。

 

お次は

 

これはクリスマスのお惣菜をテーマにしていたので

クリスマスカラーの赤のテーブルランナーを

イメージして真ん中にひいてみました。

それにキャンドル、柊(ひいらぎ)、クリスマスっぽいグラス(金の模様が入ってる)

あとは特別感が出るバラを真ん中に。

 

ターゲットによって変わると思うのですが

こちらは年齢層高めの奥様なので、少しゴージャス?系にしました。

 

あと最後は、単品撮影。

今回の写真はひびきっちんの冬メニュー撮影でしたので、

お店のキーカラーである黄色のストライプをベースに

赤い布と柊(ひいらぎ)を再び登場させて冬っぽさを出しました。

 

 

撮影の時にいろいろと小物を組み合わせてみると、

季節感が出せて楽しいですよ〜♪

 

でもいきなり撮影当日に

急に撮影するわけではないので、

どんな準備が必要かは明日ご紹介させていただきます!

 

それではまた明日ー!

飲食業界の皆様、クリスマスと年末と

がんばりましょーー!!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です